中古マンション購入からマンションリフォームまでをシミュレーション!!

なぜ中古マンションリフォーム? > 不動産選び&付き合い方 > 取引形態による不動産会社の役割の違い

不動産選び&付き合い方

取引形態による不動産会社の役割の違い

スポンサードリンク

中古マンションを売買する不動産会社は、「仲介会社」とも呼ばれる仲介(媒介)専門の会社が一般的ですが、取引の形態は「媒介」以外に「売主」と「代理」を含めて轡織ぅ廚△蝓△修譴召賁魍笋異なります

機η篌腓両豺
  不動産会社が自社で所有している物件を売る。もともともっていたケースもありますが、持ち主から買い上げて販売するパターンが一般的です。この場合は仲介手数料はかかりません
 
              やりとり
     不動産会社(売主)  ⇔   買主
               売買契約

供β緲の場合
  新築マンションで多く見られる形態で、不動産会社が売主の代理としてマンションを販売するタイプです。物件の案内や購入手続きなどのやり取りは、不動産会社を相手に行うが、売買契約の相手はマンションの持ち主である売主です。この場合も仲介手数料は不要です。

     不動産会社   やりとり
                ⇔     買主


     売主 売買契約
(分譲会社) 
       
掘η涓陲両豺
  中古マンションの売買でもっとも多いタイプです。個人の売主と個人の買主が仲介会社を通して取引するというものです。買主が不動産会社とやり取りして売主と売買契約を結ぶという形は同じですが、この場合は仲介会社に対して仲介手数料として、「物件価格(税抜)*3%+6万円+消費税」(上限)がかかります。
  
一つの仲介会社が買主と売主両方の仲介をすることもありますが、買主側と売主側の仲介会社が異なるケースもあります。
    
不動産会社を選ぶ場合、その会社の得意分野を知っておくといいでしょう。分譲会社の系列の場合は親会社が分譲したマンションの仲介に強かったり、店舗数が多いので広い範囲で探す人に向いています。あるいは特定の沿線地域に強い中堅不動産会社や地域密着型のものもあります。

各都道府県の不動産担当部署には、不動産会社の情報が載っている業者名簿を閲覧できます。過去の営業成績や行政処分暦などもわかるので、契約の前にチェックしてみてください。

スポンサードリンク